読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

真冬でも半袖メイド服がスタンダードは、風邪だらけの危険地帯。

メイド喫茶

冬場のメイド喫茶にいるメイドさんって、たぶん100%に近い確率で風邪ひいてます。

理由は普段から薄着だから。


メイド服って、どんなのを想像しますか。
知らないよって人は、このブログに訪れる人ならあまりいないとは思います。

イメージとして半袖ではありませんか?
長袖のメイド服もあるだろうけれど、基本的に半袖ばかり。半袖が圧倒的に多いです。

コスプレ専門のお店でも、だいたい半袖です。


実際のメイド喫茶も、半袖なんです。
冬がメチャクチャ寒いです。

室内はガンガン暖房が効いていますが、背中に大きな貼るカイロを3つ貼っていました。(私だけだったのかも。他の子はひとつくらいかな。)


akalisa.hatenablog.com




一年目は、深く考えずに半袖で過ごしていました。室内は、すごい暖かくても玄関付近は寒かったです。(アタリマエですね)

勤めていたお店では、長袖のメイド服があったので
、「長袖がいいです」とお願いして二年目からは、冬場は長袖で過ごしました。



勤めていたメイド喫茶ては、着替える部屋が別で用意されていて、その部屋で食事や休憩をするのです。
もうね、みんな風邪ひきでグダグダになってます。

私も出勤時間直前まで、風邪が辛くて薄手のコートにくるまってカーペットに倒れていました。

メイドさんたちは、おしゃべりがみんな大好きなので冬場は、風邪の話題をよくしていました。(みんなの共通項だから)


「頭痛いよー」
「寒くて死ぬ」
「これだけみんな(ほぼ全員)風邪ひいてるのに、マスクしないで接客するのって、やばくない?」
「けどさ、マスクって、ビジュアル的にどーなの?って感じだからじゃない?」
「この時期にメイド喫茶に帰宅したら、風邪うつりそうだよね」
「オーナーさん、マスク付けるのオッケーにしてくれないかなぁ」


と、みんなで疲れた顔してキャッキャッと話していました。



ある冬の日。


ご主人さまと会話をしていて、「今、メイドさん全員、風邪ひいてるんですよー」とフツーの会話のように話していたら。

「え? それってやばくない? 帰宅するのやめようかなって思っちゃうよね」

と、言われて気づきました。

これって秘密にしなきゃいけないことかもしれない。だって、誰でも風邪の危険地帯に行きたくないですよね。
好きなメイド喫茶も、通うことで風邪ひいてしんどくなって仕事にいけなくなったら悲しすぎます。


そもそも。
私は冬場というものは、日本国民ほぼ全員一度は風邪をひくのが普通だと思っていました。

だけど、違うんですよね。
それって特殊な環境だったんです。


どのメイド喫茶でも、はっきり言いませんが。
冬場はほとんど、風邪ひきメイドさんばかりなので、風邪をひきたくないご主人やお嬢さまは、ご帰宅を控えるのをオススメします。


お店の売上的には困るけど、個人的にはそんなことを思います。


そう考えると、当時のメイド長はある意味プロ意識だったのかもしれません。
仕事を休むのも嫌だろうし、風邪でしんどい身体で仕事するのも辛いからです。


あと。
メイド喫茶って「お見送り」をします。お出かけされるご主人やお嬢さまを玄関までお見送りして扉を開けるのです。

「いってらっしゃいませ、ご主人」

と、可愛く一言で済めば良いのですが、大抵のご主人さまは、ここでお話をします。
人によっては、長時間話し込む人もいるんです。玄関を開けているので、冷たい風が室内に入り込むので、閉めてしまうのですが、そうなると半袖メイドさんはますます寒い目に合います。

これも風邪を増長させる行為だと思うんですけど、「長時間、話さないで下さい」とも言えないしすごい微妙なライン。

メイドさんは、笑顔をしているかもしれませんが、裏ではメチャクチャ寒がっています。
私はさっさと「すみません、オーナーさんに呼ばれていたので、ごめんなさい。またご帰宅お待ちしています」と、切り上げてしまいます。

断れない優しいメイドさんは、何十分も話すこともあって色んな意味でビビります。(ご主人さま、メイドさん寒がってるの気づけよとか。メイドさんなぜテキトーに断わらない?とか色々思うのです)


最近。これだけ寒いと、真冬のメイド喫茶で過ごしたことを思い出すのでした。


それだけです。


おしまい。