鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

クリスマスって家族の日であるべき。日本はどうかしている。

クリスマスって、なんの日でしょうか。
キリストが生まれた日です。

そう、神様の誕生日なんです。
キリスト教でなくとも、知識としてなんとなく知ってますよね。


だけど、この日本って、なんでか「恋人たちの日」にしているのだろう?と、イラッとするのは私だけではないはず。


なにか。
こう、誰かと過ごさないといけないみたいになっていて、シングルの人はちょっとしたプレッシャーかかりませんか。


メイド喫茶でも、そんな雰囲気でした。
ええ、なんかね。
ご主人さまからするも、クリスマスとクリスマスイブの2日をお休みしているメイドさんは、彼氏がいるだろうなーみたいな予測とかされている様でした。

そもそも。
アメリカはキリスト教信者がたくさんいます。クリスマスでは、みんなで家族で過ごすと決まっていて、クリスマスイブが盛大なお祝いではなくクリスマスがメインの日です。


なのに、日本はイブの方が大切でメインになっている。こーゆーの本当にイラッします。

どうでもいいと言われれば、そうかもしれませんが、どうでも良くない。


占いの相談でも「イブの日に会いたい」とか。「クリスマスはデートするのですが」とか。なんか、多くの人がそーゆー変なプレッシャーかかっています。


やめましょうよ。
クリスマスはハロウィンみたいに、パーとお祭りしてそれでみんなで楽しんで、そーゆーのでいいじゃないですか。


ここ最近で、日本もやっとバレンタインをやめることが出来たのだから(男性にプレゼントするのではなく、友チョコや自分チョコに変化している)。

クリスマスだって、「家族の日」もしくは「友人と過ごす日」に、変えよう!
と、強く思うのでした。