鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

風邪を引いた時は「死ななくて良かった」と心得よう。

風邪って、やっかいですよね。
なんでひくんだろうとか、どうにか薬で押さえつけられないか?とか。

一度かかると、色々考えてしまうのですが。
この際、「命まで奪われなくて良かった」と、思うのが良いです。

たかが風邪だと思うから悔しくなる。
大事な日なのに、仕事忙しいのに、デートなのにとか、もう色んなことブルーな方向に気持がグングン動いてしまいます。

だけど。
よくよく思ってみれば、風邪をひくということは、どこか弱っているからです。


そろそろ、このままだと限界きてるよ、やばいよマジでと、体が教えてくれているんです。
その証拠に風邪の前に、必ず体がオカシイ予兆があったはず。いつもとなにか違和感あることがあったはず。
もし気づかなかったよと、言うならば、それに気づかないほど、グルグル動きすぎて無理させていたんです。

いくらマスクしてもうがい手洗いバッチリでも、引くときはひきます。
ここまできたら、いさぎよく諦めましょう。

たかか風邪じゃありません。
あと何十年この体にお世話になるのかと、冷静に考えていたわってあげましょう。


ちなみに、何度かこのブログでも言っていますが。
「風邪や体調悪くなるのは、自己管理が甘いせいだから、すべて全部自己責任」と、言う人間がいますが、私はまったく同意しかねます。

自己責任だけでは済まされないことも、多々あるからです。

そーゆーこと言う人は、ただ責任を誰かに、何かに押し付けているとしか思えません。
そしてきっと、どんなことも自分以外の責任なすりつけたいモノを見つけては、責任転嫁したりしているとしか思えないんです。←文章が変ですみません。

すごーく苛々します。私にとっては、嫌な人間のタイプです。



すみません。話がそれました。

とにかく。風邪をひいたら沢山眠りましょう。
そして「死ななくて良かった」と思えばいいだけです。