読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

人は心を許している人に、思いっきりワガママをぶつけてしまう生き物です。

考え方。気づいたこと

高校時代の仲良しの友人が、突然、私に対してだけヒドイ態度を示すようになりました。


気がつけば数日前までは、普通だったのに、話しかけても無視したり、キツーい言葉で言い返されたり。
私は、どう考えてもまったくもって自分に非があると思えず、勇気を出して友人に聞いてみることにしました。


「私、なにかあなたに悪いことした? なんかここ最近ずっと理不尽なことされていると思うんだけど」



すると、突然に友人が泣き出してしまったのです。
うわーんって、大泣きし始めました。

泣くとは予想してなくて、こちらがアタフタしてしまいました。


「え? どうしたの、、、?」と、尋ねたら。


彼女は泣きながら小さな声で。


「大切な友達が、死んだの」と、答えました。



当時の私にとって、あまりに衝撃的な話だったので、しーーーーんと、なってしまいました。



「あまりにも辛くて、それで、akalisaにヒドイことしてた、、、」と。



友人は、泣きながら一生懸命にそのいきさつを話してくれました。



「akalisaなら、、許してくれると思って、、」と。



友人は、私が思っている以上に信頼されていたんだと、心を許してくれていたのだと、いう気持ちでいっぱいになりました。



人は心を許している人に対して、思いっきりワガママをぶつけます。
それは親子関係であったり、友人関係であったり、兄弟であったり、夫婦関係であったり、様々でしょう。



甘えられるレベルは、それぞれにあるにせよ、生きていく上で、甘えられる人がいるのは、ものすごく重要です。
それがあるから、生きていけるといっても過言ではありません。


人はひとりでは生きていけません。
甘えられる存在が必要です。だけど全面に甘えてはいけません。



そのバランスが超重要。



大人になって、自分にワガママをぶつけられたら、甘えているんだなと、思って正解です。
だけどそれが負担になり過ぎてしまったら、「ちょっと甘え過ぎだよ」と、諭してあげるのも愛情です。
その人の関係を長続きさせるポイントになります。

本当に信頼している相手ならば、正直に「甘え過ぎだよ。もっとしっかりしなさい。私にも気を使いなさい」と言えるはず。



そんなことを思い出した日でした。