読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

霊能者みたいな人のところへ行ったことありますか。どっちが正しいのか迷った時の答え。

どっちが正しいのか、迷うときってありませんか。
そんな時の答えです。


「心がこもっていたら、それでいい。」

そう、言われたことがあります。
霊能者といわれる人?にみてもらって、言われた言葉です。
今から10年以上も前のことです。


当時、上司だったひとつ上の女性が「ある場所にすごく有名な巫女さんみたいな格好したオバさんがいて、予言とかしてくれる。何度もいったことがあって、オモシロイから行ってみない?」と、言うので、同じ職場の女の子を連れて三人で行きました。


上司の女性が車を運転してくれて、巫女さんのいる山奥まで何時間かのドライブです。

山ばかりのすごい田舎に、瓦屋根の立派な家がありました。そこで、本当に巫女の姿をした高齢の女性が出迎えてくれました。


通された部屋には祭壇があって、沢山の捧げものがおいてあり、上司はその巫女さんに心づけを手渡しました。

そして、1人ずつみてもらいました。


私の番で、目の前に座った巫女さんは、何やらお経のようなものをあげて、ごちゃごちゃ唱えて途中に「こうなる、ああなる」とか呟いてました。
スラスラ言うので、待っている二人がメモ書きで筆記をしてくれました。

その中でとても興味深いことを言われたひとつが印象に残っています。


「あなた、自分の家の仏壇の前で手を合わせて祈るとき、いつも迷ってない? どうしたの」
という問いかけでした。

その仏壇は、祖母の写真が飾ってあり、毎日手を合わせていました。
その時に、私がいつも心に引っかかっていたことがあったのです。


「実は、父側が日蓮宗で母側が浄土宗なんです。宗派が違うと、お経が違いますよね。南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経の二種あって、どっちを言えばいいのかいつも迷うんです」

そう言った途端、巫女さんは言いました。

「どっちでもいいのよ。それはね、気持ちの問題だから。わかるわよね?」と。


この時の私は、本気で心がすーーと楽になりました。



気持ちの問題。



そうなんです!!
すべてはそう。
なんでもそう。


気持ちの問題。
だってね。
最初に書いた通り、心がこもっていたら、なんでもいいじゃない?ってことです。


どっちのお経が正しいとか、はっきりいってどーでもいい。
いやほんと、どーでもいいんです。


そりゃあ、宗派の人からクレームきそうですが、今なら本気でそう思っています。


解釈はみんな違っていいし、気持ちがこもっていれば、それはありがたいって思います。


思わない人もいるかもしれません。
たとえば、「南無妙法蓮華経」主義なのに、「南無阿弥陀仏」と唱えられていたら、キレるかもしれません。


人はそれぞれですから。


きっと、私はそういう人とは合いません。


それだけです。



自由な考えで生きていけばいいという話でした。



おしまい。