鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

他人の「心からの気持ち」を本気で馬鹿にする人って、います! 無意識にいるから怖い。スルーすること。

子供のときに、うちの一家は「仏教徒」でした。

両親が結婚式を挙げたのも仏前ですし、毎日仏壇の前で手を合わせてお経を唱えていました。



だけど。
それはそれ。
信じる者はみんな違います。



ある日、同じ宗派の人の家に母が遊びに行くので、当時小学生だった私もついていくことになりました。


母の友人(女性)が、話し始めました。

「実は○○さんの旦那さんが病気で生死をさまよってね。友人たちが、家でお経唱えてお祈りしてたのよ。そしたら一命を取りとめて、結果的に良くなったの。すごいよね。だけど、○○さんの親族のひとりがキリスト教でさ、イエス様に祈ってたら助かった!本当ありがたいって、言うのよ? 私は笑っちゃって、そんなのアリエナイって思ったわ。本当この人って馬鹿じゃない?って」

と、大声で言い放ったのです。


子供心に、ものすごい違和感を覚えました。
私は生まれた時から親が仏教徒でした。だから自然とそうなっていました(今は違います。特別になにもありません)

でも。
なんか違うって強烈に思ったのです。
「キリスト教がなんでダメなの?」って。

父からは「キリスト教なんてしたら、地獄に落ちるよ」と常に言い聞かされてました。
それでもなぜ?って無意識に疑問でした。

キリスト教うんぬんよりも、そうやって心から祈ることを馬鹿にする態度に引いてました。


ドン引きです。


そのオバサンは、普通に私には良い人でした。
けど、宗教のことになると他の宗教を馬鹿にしてました。私の父もそうでした。ボロカスに馬鹿にしてました。「身体が腐って死ぬから他の宗教なんてしてはダメだ」と。



人はそれぞれ信じるものが違います。
その中で違和感を覚えるならば、それは自分にとって向いてないことだと思います。


そして。
キリスト教を馬鹿にした母の友人も私の父も、その考えに私はついていけません。(だから私は今はなにもしてません)


ただ「心から助けたいと祈ること」を馬鹿にするのだけは、よそうって、そう思いました。


あってるとか間違ってるとか、正しいは全部みんな自分で決めるものです。
誰かに決めてもらうものではありません。


だけど。
そうやって心から馬鹿にする人たちは、存在するのでスルーするに限ります。


変に対抗しないこと。
宗教の話は何もかも、常に平行線ですから。
説得とかそういう世界ではありません。


関わらないのが一番です。



そして。
ある種、占いでも心の奥底から「信じたいことを信じる」「信じたいことを選ぶ」という気持ちで望むのもいいかもしれません。


いい方向へ行く為のアドバイスが得られやすくなるからです。






あかりさメール鑑定、ゆっくりモードで受付ております。

ruru2072017☆yahoo.co.jp
(☆の部分を@に変えてください)

24時間経過しても返信がない場合は、ウェブページのお問い合わせからお願い致しますm(_ _)m

あかりさ占いネットショップページ
https://akalisa2017.thebase.in