鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

自分がイメージすることを何度も本気で疑いもなく信じぬくこと。「死」が近くにあった時。

どんなことを願って生きていますか。



「こんなこと叶うはずないけど、、、」
「分不相応だけど、、、」
「無理っでわかってるけど、、、」



そんな風に思っていませんか。
本当これって、ダメダメな思考なんです。
これをし続けると、人生メッチャつまらなくなります。


なぜ生きてるのかって、誰もが考えてしまうことで。

人によっては、その答えを見つけられなくて、苛々したり、絶望したり、宗教にすがったり。色んなことがあると思います。


私もずーーーと、生きていて、つまらないとか。早く消えて死ぬことが出来ればいいのにって、ずーーーーと思ってました。


漠然となにもなく道端で突然に気を失って、そのまま死ねたらすごく幸せじゃないか?って、ずーーーと思ってました。


今もそんなところはありますが。
大きく違うところがあります。


それは、今をしっかり生きようと。
なぜそんなことを思ったのか、それは大人になってから、大きな絶望を味わったからです。その自分の心が抱える絶望を払い除け、そして必死に立ち上がりました。



なぜそんな事が出来たのか。
それは「今、死ぬ前にしたいことはなに?」と、本気で自分の心に問いかけたからです。


「死ぬ前にしたいこと」


それが目の前にリアルに現れた時、「死」を実感した時に、はじめて出て来たんです。
子供の頃はそうでありませんでした。ただ逃げられずにオカシクなっていました。


だけど、大人になって「逃げる」ことを知り、「自分を守る」ことを知りました。そして「死ぬ前に後悔したくない」と行動に踏み切ったのです。



その瞬間に、世界が変わりました。
そんなわけないと、思われるかもしれませんが、世界が一瞬にして自分の味方になったのです。



絶対に絶対にやりたいことがある。
死ぬ前にしたいことがある。



驚かれるかもしれませんが、当時の私が思い浮かんだのは、「メイド喫茶のメイドさん」でした。




そして。
私には、メイドさんに挑む前に超えなければならない、3つの壁がありました。



ひとつは、年齢。



当時の私はメイドさんになるには、かなり年老いてました(33歳くらい)。15歳のメイドさんが働いてるような環境下でこれだけは、どうしても年齢と見た目は誤魔化せない壁でした。


幸い見た目年齢が、大きい時は10歳ほど若くみられることがよくあって、なんとか通過できたのだと思っています。(今は年相応に落ち着きました)
それでも本当に若い人には敵いません。
若い時に持っている美しい肌や無邪気さは、どんなにお金を積んだとしても決して得られないものだからです。
だから中身で勝負するしかありませんでした。


メイドさんは、「可愛い」と自分でそこそこ思っている女の子がする仕事です。
私はその「若さと可愛さ」に完全に負けています。
ならば「気づかいのできるオバサン」「ご主人さまたちの恋愛相談を受け持つようなオバサンキャラ」でないと無理だなと。



当時の私はそこまで自分のキャラクターをイメージ出来ていませんでした。



だけど。
「気づかい」だけは誰にも負けないし負けたくないと、思って面接に挑みました。



だからこそ。
受かってからオーナーさんが私にかけてくれた言葉があります。

「はじめて、あかりさと面接した時に『この子は合格だな』と決めたんだよ」と。



その時にメチャクチャ嬉しかったのを今でも昨日のことのように覚えています。




残りの2つの壁は、また機会があったら書きます。



目の前に「死」を感じたら、人はものすごいスピードで変化するのだと身を持って体感しました。



そんな話です。



今生きていることが、どれだけ素晴らしくてどれだけ凄いことなのか、それを実感できたなら、人は変わります。



願いを本気で叶うものだと信じて行動するからです。
だから、どんな時でも「絶望」しても、そこから立ち上がるだけの力が自分にはあるんだと、信じて欲しいなと思ったりしてます。
(なんか軽いですかね。。。)



大丈夫。
うまくやっていけます!




あかりさメール鑑定、受付ております。
どのコースも基本的に受付より24時間以内に結果を出します。

お問い合わせはこちらのアドレスまでお願いします。
ruru2072017☆yahoo.co.jp
(☆の部分を@に変えてください)

24時間経過しても返信がない場合は、ウェブページのお問い合わせからお願い致しますm(_ _)m