鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

akalisaの過去話。大好きなメイド喫茶にいくまでのこと。その2!!

さてさて。

メイド喫茶に入るまでの話です。


まず大抵のメイド喫茶は、書類審査があります。
私も履歴書を送りました。そこで合格したので、第一次審査に進みました。なんか、オーディションみたいですね。

当時、メイド喫茶は、そこそこ人気商売だったのでたくさんの女の子が「メイドさんやってみたい!」ってなってました。

メイド喫茶情報冊子?で、仕入れた情報ですが、1/100人くらいの割合で合格だそうです。
本当でしょうか。。。
綺麗や大人っぽいよりも、可愛い幼い系が好まれます。
そして黒髪であればベストかも!お店によってですが、茶髪もオッケーだったりしますが。

私は、メイドさんになる為に黒髪にしました。
ギャル系だったのですが、そういうのは一切やめました。面接の私服もお嬢さんみたいな、上品系にしたのを覚えています。


少し前に戻ります。
書類審査では、とにかく通過しないと意味がないので、年齢操作と住所操作と未婚にしちゃいました。
いやいやいや。
もうそこだけ聞いてるとメチャクチャですが、「なにがなんでも合格するっ!!ここで落ちても、最低同じとこ3回受けてやる!!」と、凄んでいたので、そんなことやっちゃいました。

それと。書類審査前に、お店のリサーチをしていました。
もちろん。お客さまとして、お店に行って様子を伺っていたのです。

最初の集団面接は、3人セットでした。
ふたりとも、私よりも実年齢が、あきらかにひとまわり下でした。
ひとりは大学生。ひとりは社会人。


ちなみに、私はなぜか大学生と間違われていました。履歴書には、社会人になっていたのに。
………なので面接をしていても、話が噛み合わず「え? え?」ってなっていました。
もちろん。途中で誤解はとけました。


面接で質問されるよりも、どちらかというと、オーナーさんの怒涛のトークを聞いている感じで、「はい。そうですね。」と、ずーと頷いていた記憶があります。

質問もされましたが、なんかあたりさわりのないことでした。

ちなみに。
「うちで働いてるメイドさんは、みなさん未婚ですよ」と、さらりと語っていまして。
なんだかもう、それを聞いて「ああ、間違っても既婚なんて書かなくて良かったー!!」と、ホッとしたのを覚えています。


そんなこんなで。
集団面接は終了しました。


ちなみに。
オーナーさんはとても気づかいが素晴らしく、面接の間ずっと私たちを、お客さまのように扱ってくださいました。

そーゆーのって凄いですよね。
もし、面接で落としてもお客さんとして来てほしいし、変な悪い噂も立てて欲しくないですから。


とても。丁寧に面接されました。
お茶まで出してもらったのですから!

ミルクティーがとっっても、美味しかったです。



あかりさメール鑑定、受付ております。
どのコースも基本的に受付より24時間以内に結果を出します。

お問い合わせはこちらのアドレスまでお願いします。
ruru2072017☆yahoo.co.jp
(☆の部分を@に変えてください)

24時間経過しても返信がない場合は、ウェブページのお問い合わせからお願い致しますm(_ _)m