心の片付け占い師&魔女& akalisa(あかりさ)

お仕事で疲れた心をスッキリ整理整頓しちゃいます(^^♪

☆人に応援されたいあなたへ『GIVE&TAKE アダム・グラント著』をおすすめします!!

『GIVE&TAKE アダム・グラント著』とは?

ごきげんよう☆あかりさです。
タロット占いやってますヽ(=´▽`=)ノ


f:id:akalisa:20200610222746p:plain


世の中には、なにかを挑戦してチャレンジしてそして一人で黙々と頑張る人と、なぜか周囲からたくさん応援のくる人がいます。
この違いはなんだろう? そんなふうに思うことがありました。

たとえば占い師をしていても、一人で黙々と占いをしてお客さんにアピールする人もいれば、「あの人占いやってるよ。この人こんなとこ、すごいよ。行ってみれば?」みたいな感じで、自然発生かのように周囲が宣伝アピールして人を集めて来る人もいるんです。

すごく、すっっごく不思議ですよね!!

実際こんな現象が起きているのは、なにか理由があるはずなんです。


それを解明してくれたのが、今回紹介する本。




『GIVE&TAKE アダム・グラント著』基本情報。


これなんですー!!ヽ(=´▽`=)ノ
ちょっとした、人の心理がとっても上手にかかれていますよおお。

『GIVE&TAKE』アダム・グラント著↓

『GIVE&TAKEアダム・グラント著』の内容

『GIVE&TAKEアダム・グラント著』って、とても有名なので知ってる人も多いハズ。内容をさっくりと。

ギバーを目指すのが一番の近道

圧倒的に応援される人になる為には、何が一番必要なのか? この本には、その答えが書かれています。

それは………【ギバー】を目指すこと!!
それが一番の近道なんですっっ!!!


え? ギバーとは何?
そう思いましたよね!!
ええわかります。私もそう思いました。


さくっと説明すると。
本の中では三つの種類の人間が出てきます。
その中のひとつがギバーなんですよね。

その三つを私なりに解釈すると。
……………


《ひとつめ》
○ギバー……… 無償でいいので何かお手伝いしたり、相談に乗ってくれたり、手伝ってくれたりとか。そしてその代わりに、自分がそれらのスキルを 自分なりに取得して、その分野でのちょっとした得意 になっていく人。


《ふたつめ》
○テイカー……… 相手に対してメリット与えようとはせず、相手のノウハウとか、いいところを無料で引き出そうと必死になる人。情報が取れないかな?! とガツガツ前のめりに来る人。その反面自分のことは秘密で隠してしまう。自分のことは出そうとしない。


《みっつめ》
○マッチャー……… 与えられた分だけきちんと返す。ギブアンドテイクの精神。
それ以上でも以下でもない人。淡々としていて、お金のみの繋がり、ビジネスライクのみでお付き合い。


………………


ギバー、テイカー、マッチャーこの三つの種類なんですよね。
そしてこの三つの中で どの人が一番 応援されるのかと言うと言わずもがな、ギバーです!!


だからこそあなたはギバーになるべきだし、そうならないと、結果として応援してもらえないんです。(´・ω・`)

だってテイカーなんて、ちょっとどーなのよ?!って思いませんか。周囲に置きたくない人物ですよね。


あなたが大好き過ぎて、無償でしてることのギバーになろう


だけど冷静に考えてみて欲しいのですが、ある件について、完全に先に自分から、………与えて与えて与えて与えまくって………結局何も見返りを求めず、与えた中で、自分が自分なりに何か得ることはないか?! と取得していくのはしんどくないですか。

だって、時間も惜しみなく相手に与えてしまうんですよ。
…………うーん、これだと損なんじゃないか? と、思ったあなたは、残念ながらその時点でギバーになれません。(´・ω・`)。。、


結局、大量に与えた分から少しだけテイクが戻ってくる………それも期待せずに、という部分にごく普通に過ごせる人、耐えられる人が、結果としてギバーになれるんです。ヽ(=´▽`=)ノ
 
ちょっと待って。これって仏様精神なの?!
いやいやいや、そんなことないです。あなたにだって出来るはず。そういう心持ちになれるものがきっとある(*^^*)


これは人間の心理的なものになるのですが、人は何か無料でされてしまうと、お返ししなければ!!
と心理が自然と出てきます。

逆に テイカーのように、奪うことに必死になっている人に対しては、奪われない様に、こちらも凄く警戒します。もちろん与えようなんて気持ちは、生まれません。(´・ω・`)


私達の子供の頃を考えてみてください。
たとえば一緒にお友達と遊ぶ時、自分はかくれんぼがしたい。相手は鬼ごっこがしたいと、やりたい事がそれぞれ分かれてるなってしまった場合………。

「じゃあ今は鬼ごっこをしよう! その代わり後でかくれんぼしてね」と、交渉すれば、相手はすんなり受け入れてくれる確率が高くなります。


これが大人の場合。
「じゃあかくれんぼしよう」と、相手を尊重すると、相手は何も言わなくても、次は鬼ごっこをしてあげようかな!! という気持ちになってくるものです。
全員が全員そうでなくても、そのように心境が変化する人はたくさんいるはず。

なぜなら。
あなた自身を思い返してみてください。
あなたを優先して貰えたら、相手に返さなければという心理が働きますよね。

ギバーもまったく同じ考えなんですヽ(=´▽`=)ノ
理解していただけましたか。


ギバーになる為のポイント


ならば、ギバーになろう!! と 意気揚々に構えるだけでは上手く行きません。
必死になって、相手に与えるということを延々とし続けると、正直いって続きません。_| ̄|○ il||li

………途中でへばってしまうし、イライラしてしまう。なんで自分はこんなことまでしなくては、いけないんだ? だんだん不満が募ってきて、どんな人も長続きはしません!!


それなのに。
何故、世の中にギバーが存在するのか? と言うと。そんな仏様のような気持ちの人間が存在しているというわけではなく、自分が【大好きだ!】と思う事のギバーになってるからなんです。


たとえば、あなたが 料理作りがものすごく得意とします。好き過ぎて、友達に無料で教えてあげることをしていたとしますよね。

無料で教えてるんです。
そしてそれを楽しいなと思っていて、相手もとても喜んでくれる関係性が作られていたとします。

こういうところで、あなたはギバーを生み出すんですヽ(=´▽`=)ノ

これを生かして料理教室をしよう!! と気持ちになれば、あなたはギバーの精神を思う存分発揮できるはずですよね。

結果として…………人に料理を教えることで料理教室を開き、生徒がたくさん集まる流れになるんですよねヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。


ギバーとしてのポイントを軽くまとめました!!
こんな感じですヽ(=´▽`=)ノ


○即効性、確実性を求めない
○時間に鷹揚な人
○損得勘定で動かない
○助けは「思いがけず来るもの」であると捉えてる
○情けは人のためにならずをガチ実行



大体、これを 実行してみて。
しんどくならない継続出来る! と、あなたの好きなことと重ねることができれば。

あなたは 自分のやりたいことをして、圧倒的に人から応援される人になれるんですヽ(=´▽`=)ノ
これって本気ですごいことですよね!!

なぜ私は『GIVE&TAKE アダム・グラント著』を読んだのか。

普通に面白そうだったからです。アダム・グラントはTEDの公演でも同じように語っていて、そこから入りました。

『GIVE&TAKE アダム・グラント著』を読んでみて私はどう変わったのか。

人って色んな種類の人がいるんだなぁと、目からウロコでした。そういえば、知人でテイカーの人がいます。少しずつ離れることにしましたが、基本的に、貰うだけもらってサヨナラって感じですね。

そういう人って、すごく図々しいから、自然と離れていってしまいます。

この本を読んで、周囲のものすごく応援してもらえる人というのは、圧倒的に自分の情報出し与え相手の得することをしている。
相手へのメリットを無料で放出してる人だなぁ……というのをものすごく感じました。

まとめ:『GIVE&TAKE アダム・グラント著』は、


誰でも、ギブアンドテイクというのが、頭の中にあると思います。
だからこそ与えてもらう。その代わりお礼をする。………みたいな形で、先に自分が与えてもらうみたいなイメージをとらえる人が多いんです。

だけど………。
それをすると失敗するしうまくいきません。(´・ω・`)

常に自分が…………与える与える与える与える………もうそれしかないんですよね。
そして自分の好きな分野とするからこそ続けられる。

そして、今まで与えてもらったから周りからの人間に応援がものすごくある。

そして自分が圧倒的に応援される人になる!! という流れになります。ヽ(=´▽`=)ノ


…………

誰もが自分を応援してもらいたい!! っていう思う気持ちはあります。
そこをいい意味で逆手に取る! というイメージでしょうか。


あなたの周囲もそうではありませんか。


人から圧倒的に応援されたい。
そして。頑張ってるのに、いき詰まったりしたらぜひ読んでみて欲しい本ですヽ(=´▽`=)ノ


☆☆☆☆

★混乱した気持ちをスッキリさせる快感を、ぜひ味わってみて(*^^*)!心の片付け&整理整頓をキッチリお手伝いします★
【↓↓未来のあなたはどうなりたい?占い依頼はこちらで受付中↓↓】

akalisa.hatenablog.com


フォローよろしくねヽ(=´▽`=)ノ
ツイッターhttps://twitter.com/akalisa25