心の片付け占い師&魔女& akalisa(あかりさ)

お仕事で疲れた心をスッキリ整理整頓しちゃいます(^^♪

タロットの超シンプルなキーワードが欲しいあなたへ『啓示タロット イーデン・グレイ著』をオススメします!

『啓示タロット イーデン・グレイ著』とは?


ごきげんよう☆あかりさですヽ(=´▽`=)ノ
タロット占い師やってます☆☆

f:id:akalisa:20200702095849j:plain

あなたは、 タロットに関する本をどのくらい見ましたか。どのくらい読んでみたことがありますか。

その中で、今回はタロット占いというくくりにおいてです。現在ではたくさんの本が出ていると思いますが、 でも説明が長ったらしく、ややこしいと思いませんか。

意味を覚えるのも一苦労だし、ちょっと大変みたいなのを感じると思います。
その中で超シンプルに タロットのキーワードが欲しいそう思ったあなたにおすすめの一冊です。

それがこの タロットリーダーの全ての母と 言われていた イーデングレイの本です。

『啓示タロット イーデン・グレイ著』基本情報

実はこの本は三部作になっています。
今回の啓示タロットが1冊目。そして2冊目は皆伝タロット。3冊目が自在タロットです。

基本的な中身のベースは、同じことが書かれています。
そして。この啓示タロットというのが、 三部作の中で一番初めに書かれた本です。

作者のイーデン・グレイは、 1950年代に 本屋を経営していました。
その時に、お客さんから『タロットの本は、難しい解説してる本ばかりで、とっても読みにくい』という不満をよく聞かされていたんです。

その時に、もっと誰でも分かりやすく読める本はないだろうか?というのを考えて。
お客様の要望に応え、本を発行しました。
それが1960年のことでした。

そこからを何冊も本を出し続けて。
1999年に亡くなった時には、『タロットリーダーの全ての母』『20世紀他の誰よりも、占いとしてのタロットカードをポピュラーにした』と、インターナショナル・タロット・ソサイエティのニューズレターに功績を称える記事が掲載されました。

あのレイチェルポラックも、初めてタロットカードを手にしたのが 1970年頃。
その時に、1960年代に出されていた、イーデングレイの本を読んで、タロットの世界に入って言ったんです。

たくさんの人が、タロット占い本の基礎としての影響を受けた本です。
海外では、イーデングレイの本は、色々出ているみたいですが、日本で手に入るのは、おそらくこの三部作だと思います。
Amazon で普通に売っています。 

真っ赤な表紙ですね!!
↓↓↓

なぜ私は『啓示タロット イーデン・グレイ著』を手にしたのか?

レイチェルポラックが影響された、タロットの母とも言われるイーデングレイ。

………一体どんな人なんだろう。どんな本を出したんだろう。これってすごいんじゃない?のみたいな気持ちで手にしてみました。

ものすごくシンプルです。

タロットカードのキーワードが書かれているのみと言っても過言ではないかも。

現在あらゆるタロットの本を見ると、書かれているのと同じようなことと重なります。

というか、現代のタロット本は、おそらくこのイーデングレイが、全ての基礎になっていると言っても過言ではありません。

本当にシンプルだけど奥深い、言葉単語を並べています。おそらく、これ以外にもメッセージというのは沢山存在しているんだと思います。
そして。そのメッセージが、どんどん増えていくにつれて、この三部作も発行されたのかな?という風に思います。

まあ、ひとまず占い師として。
どんなものが手にとっておこうと、いうのが始まりですね。
原書はおそらく、1960年代に発行されたはずですが、日本で発行されたのは、2000年代に入ってからです。2004年あたりから順番に発行されています。

『啓示タロット イーデン・グレイ著』を読んでどう変わったか。

1960年代以前の解説書というのは、はっきり言って魔術的なものとか。
タロットを、科学や聖書や哲学と結びつけるのが凄く多くて、普通の人で解読するには、めちゃくちゃ意味不明だったと思います。

それをはじめて、平たく分かりやすく占いとして書いたというのに、当時の人は、驚きと共に受け入れられたんだろうな、というのを感じます。

現代にしては、ちょっと古臭い雰囲気は漂ってます。中身もなんか古い。それとメッセージがとてつもなくシンプルです。

めちゃくちゃ シンプルなので、後はもう自分のイメージを最大限に使って占いをしてください!!という意味合いに受け取れます。

たくさんの人の占いをした後なら、見ていて意味がわかったり、しっくりくるものがありますが。

ほとんど占いをしたことがナイ方が見ると、現代の出てる占い本の方が、わかりやすく解説しているのではないでしょうか。

ただ、何もかもそぎ落とした、超シンプルの現代の占いに対する根本的なベースを知りたいならば、オススメです。


まとめ:『啓示タロット イーデン・グレイ著』は超シンプルなキーワードと説明で奥が深い。


1960年に、初めてタロットを平たく解説した本を出したイーデングレイの三部作です 。
そのうちのはじめの本です。

超シンプルなキーワードと言葉で説明しています。超初心者の方が読んだら、この本読んでも、全然占いできないよー!!ってなるかもしれません。

ただ1960年代当時。タロットを、聖書のような書物として解読しようとしたり、科学を表したりしている物として、解説していた存在からすると、ものすごく優しく書かれているんだろうなって、イメージできます。

あなたが、この本を読んだ時、物足りないなと思うかもしれません。だけど、タロットが占いの道具として、現代に続いている根本的な部分の解釈としては、この本が明確に答えをくれているでしょう。

あなたが、現代におけるタロット占いのベースになるものを知りたいなら、この本はおすすめです。

タロットを、科学や聖書と照らし合わせて、魔術道具として扱ってきたのを、一気に大衆化させた革命的な本ですよ。(^^)


★混乱した気持ちをスッキリさせる快感を、ぜひ味わってみて(*^^*)!心の片付け&整理整頓をキッチリお手伝いします★
【↓↓未来のあなたはどうなりたい?占い依頼はこちらで受付中↓↓】

akalisa.hatenablog.com


フォローよろしくねヽ(=´▽`=)ノ☆



ツイッター